名古屋を拠点とした編集プロダクション edimart(エディマート)。愛知、岐阜、三重はもちろん、全国からのお問い合わせも承っています。

エディマート

仕事の流れ
仕事の流れ

エディマートがどのようにコンテンツづくりをしているか、一般的な仕事の「メニュー」と「流れ」を見ながらご紹介します。なおプロジェクトによっては、下記メニューの一部だけを担当したり、途中から携わったりすることも少なくありません。ご要望にあわせてご提供メニューをアレンジいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

MENU 01打ち合わせ

お電話やメールで概要をうかがった後、お客様を訪問しご要望をヒヤリング。ご希望のコンテンツ内容やボリューム、スケジュール、ご予算などを聞き取ります。具体的な内容がかたまっていない状況でも問題ありません。簡単なキーワードだけうかがって、当方で“こんなコンテンツはいかがでしょうか”とご提案することも可能です。

打ち合わせ

MENU 02企画立案

打ち合わせを経て、ご希望の内容を精査します。お客様の想いを最優先にしながら、ユーザーのニーズと合致しているか、旬とズレはないか、ボリュームとスケジュールに問題はないかなどを確認。必要に応じて、リサーチをふまえたご提案書や、ページ構成案、仕上がりイメージをつかめるようラフデザインなどを制作させていただきます。

企画立案

MENU 03取材

オリジナルの記事を制作する際、取材対応をさせていただくことも可能です。人物インタビューはもちろん、記事のベースとなる情報の聞き取りも取材の一部です。エディマートではこれまで、旅行、グルメ、スポーツ、流通、学校、歴史、伝統文化、医療、介護、行政など、幅広いジャンルの取材を担当してきました。

取材

MENU 04撮影

社内にデジタル一眼レフカメラとともに、商品を撮影できる照明機材を用意。簡単な撮影なら、弊社スタッフが対応させていただきます。また、撮影対象ごとに精通したプロカメラマンのネットワークもありますので、大きく美しい写真が必要な場合や、ムービーの撮影、ビジュアル重視のコンテンツづくりをご希望の場合も問題なく対応させていただきます。

撮影

MENU 05原稿執筆

取材で聞き取った内容や、資料などをもとに原稿を執筆します。最も大切にしていることは記事の正確性。複数の確かなソースと照合し、記述内容に誤りがないか注意しながら進めます。コンテンツを届けるターゲットを見極めながら、文体や、漢字・ひらがなのバランスなどを考慮。WEBライティングの場合は必要に応じてSEO対策も施します。

原稿執筆

MENU 06デザイン

エディマートのデザイン部では、雑誌や書籍のエディトリアルデザインや、広告・販促ツールのアドデザインを担当。また外部デザイナーと連携しWEBデザインを仕上げることも可能です。本一冊まるごとデザインすることも少なくありません。単ページや、バナーのみのデザインにも対応しますので、ご希望をお聞かせください。

デザイン

MENU 07校正

原稿や写真、イラストなどが配置され、デザインが仕上がった後は、校正作業に入ります。お客様からの修正を反映するとともに、事実関係に相違がないか確認する常識校正を実施。複数人で複数回、校正を繰り返すことでミスを徹底的に排除します。また、写真の色目の調整がある場合もこの工程で行います。

校正

MENU 08納品

複数回の校正を経て、プリントメディアの場合は印刷、WEBメディアの場合はローンチとなります。エディマートで印刷会社を手配し、製本した形で納品することも可能です。またご予算によっては、弊社から印刷用データを納品し、お客様が印刷会社にオーダーされる方法もご選択いただけます。

納品