名古屋の編集プロダクション・エディマートが取材や編集のノウハウを伝えるメディア「エディマグ」 エディマートが取材や編集の
ノウハウを伝えるメディア

  • TOP
  • 撮影
  • 楽しい写真を撮ろう!/プレイモービルを活用した表紙実例 vol.03

2019.08.22 Thu

撮影

楽しい写真を撮ろう!/プレイモービルを活用した表紙実例 vol.03

鯱のトレーナーのプレイモービル

エディマート代表の鬼頭です。

私がフリーランスとして独立して間もない2004年に、人材エージェンシーのエイクエントを通じて獲得した仕事のひとつに、「アルバイト求人情報誌DOMO(発行:株式会社アルバイトタイムス様)の表紙制作」があります。

毎号表紙では、いろいろな仕事風景をプレイモービルで再現。プレイモービルの輸入元の増田屋コーポレーション様に全面協力をいただき、フォトグラファーのスギヤマオサム氏と二人で、さまざまな場所に赴き、人形を並べて撮影を実施しました。

もう15年以上前になりますが、楽しみながらできた思い出深い仕事。エディマグをつかって、ストックしている表紙を少しずつ公開する企画の第三弾です!

1.今回のテーマ「時間・曜日が選べるシゴト特集」

こちらも初期の頃の作品。「時間・曜日が選べるシゴト」って何だろう、ほとんどのアルバイトがそうなのでは?なんて話をしていた記憶があります。毎回、テーマがおりてきたら、プレイモービルのカタログとにらめっこをして、どれを借りるか決めるという流れなのですが、今回は仕事内容よりも「GW合併号」というところに着眼点を置き、「レジャー シャチ 3865」を借りることに。

 

2.撮影場所

プレイモービルのシャチと、本物のシャチの共演ができないか?制作チーム(といっても2名ですが)は大いに頭を悩ませました。東海地方でシャチといえば、名古屋港水族館。同水族館では、2003年10月からシャチの「クー」のレンタル移籍がスタート。当時大きな話題を集めていました。しかし、本物のシャチは体長5m以上、一方のプレイモービルのシャチは20cm程度。共演プランは早々に消え去りました……。

 

3.撮影秘話

それでも、「現場主義」にこだわる私たちは、プレイモービル「レジャー シャチ 3865」を手にとにかく名古屋港水族館に行きました。シャチとの共演が難しいなら、建物のシルエットだけでも使わせていただこう。こうして、ベイエリアの一角に撮影セットを組み、ちょうどいい感じに名古屋港水族館が入るように、あーでもない、こーでもないを繰り返したのでした。
そして今回もまた、背景のぼかし具合が絶妙すぎて、名古屋港水族館が借景になっていることに何人気づくか?といった仕上がりになったのでした。撮影終了後は同じベイエリアの「JETTY」でマクドナルド。15年も前なのに、楽しい仕事は覚えているものですね。

では今回はこの辺で。次回もご期待ください!

EIJI KITO

この記事の執筆者EIJI KITO代表取締役

  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • INSTAGRAM
1973年生まれ。96年に同志社大学卒業後、新卒入社の宣伝会議で編集職の楽しさを知るも、己の未熟さから挫折。地元名古屋に戻り、プロトコーポレーションの制作部門に入社し、編集の仕事を学び直す。親会社に転籍後はWEBのプランニングに従事。03年フリー編集者として独立、06年法人化。エディマート代表として制作と営業を統括しながら、自身も編集者として最前線に立つ。好きな言葉は岡本太郎の「危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ」。趣味はバイクとマイクラと部屋いじり。

記事一覧

お問い合わせ

お仕事のご相談や、採用についてなど、
お気軽にお問い合わせください。