名古屋の編集プロダクション・エディマートが取材や編集のノウハウを伝えるメディア「エディマグ」 エディマートが取材や編集の
ノウハウを伝えるメディア

  • TOP
  • コラム
  • ハンドルに「遊び」が必要なように、 デザインには「アート」が必要だ。/今月の“e”言葉[Vol.2]

2021.06.10 Thu

コラム

ハンドルに「遊び」が必要なように、 デザインには「アート」が必要だ。/今月の“e”言葉[Vol.2]

エディマートで配信しているメールマガジン「edimail」。毎回、「今月の“e”言葉」と題して、お仕事で出会った素敵な言葉をご紹介しています。

Vol.2では建築学生の卒業設計展「NAGOYA Archi Fes2021」の取材に行った際、審査員のアーティスト・深堀隆介さんが講評で話された言葉をシェアします。それでは、存分にお楽しみください!

スポンサーリンク


1.ハンドルに「遊び」が必要なように、デザインには「アート」が必要だ。

 

建築には、必要十分な機能だけではなく、 

遊び心や芸術性があってほしいという趣旨だと理解しました。

 

とかく近年は効率化が求められ、

クリエイターは最短距離でのゴールを目指しがちです。

 

編集に携わる当社も、読者にしっかりと「伝わる」ことを

大切にしながら、遊び心や芸術性というスパイスを

忘れてはいけないと、身につまされました!

 
 

2.「edimail」メルマガ会員募集中!

エディマートでは、メールマガジン「edimail」を定期配信しています。
 
編集業界の新情報や、今読みたいおすすめの一冊、少し役立つ耳寄りネタなど、楽しいコンテンツが満載。
 
下記のバナーよりメルマガ登録ができますので、お気軽にお申し込みくださいね!
 
 
 
 

丨メルマガの登録は下記をタップorクリック!丨

メルマガバナー

 

丨新規のご相談、お見積りのご依頼はコチラへ丨

問い合わせフォーム

 

スポンサーリンク

EIJI KITO

この記事の執筆者EIJI KITO代表取締役

  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • INSTAGRAM
1973年生まれ。96年に同志社大学卒業後、新卒入社の宣伝会議で編集職の楽しさを知るも、己の未熟さから挫折。地元名古屋に戻り、プロトコーポレーションの制作部門に入社し、編集の仕事を学び直す。親会社に転籍後はWEBのプランニングに従事。03年フリー編集者として独立、06年法人化。エディマート代表として制作と営業を統括しながら、自身も編集者として最前線に立つ。好きな言葉は岡本太郎の「危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ」。趣味はバイクとマイクラと部屋いじり。

記事一覧

お問い合わせ

お仕事のご相談や、採用についてなど、
お気軽にお問い合わせください。